ABOUT

 

THE MOLICE [ Yuzuru ( Guitar ) , Rinko ( Vocal & Rhythm Guitar ) ,Hirofumi Katsumoto”Paro” (Drum) ]

      

【About THE MOLICE 】  ※ 日本語は英語の下にあります。

<Short Bio>
The Molice hammered out their own sound while playing in Tokyo’s numerous rock venues and on tour in North America, Europe and Asia. This East/West hybrid sound has a wide appeal by being both catchy and edgy, incorporating rock n’ roll, classical, dance, shoegaze, alternative, and post-hardcore elements. Lead singer Rinko sings primarily in Japanese, but in a melodic rock style, in contrast to the more popular idol singing style in Japan. Her lyrics are often romantic, but sometimes venture into sci-fi, inspired by movies such as Blade Runner and Fahrenheit 451.

<Longer Bio>
The Molice are an alternative/post-hardcore/dance-core trio from Tokyo, formed in 2007 by the charismatic female singer/lyricist/guitarist Rinko and high tension guitarist Yuzuru Takeda. Drummer Hirofumi “Paro” Katsumoto joined in 2015 after a lineup change.

Drawing inspiration from 70’s punk DIY spirit, 80’s new wave stylish power pop, and 90’s unchained indies guitar rock, the band has hammered out their own sound while playing in Tokyo’s numerous rock venues and on tour in North America, Europe and Asia. This East/West hybrid sound has a wide appeal by being both catchy and edgy, incorporating rock n’ roll, classical, dance, shoegaze, alternative, and post-hardcore elements. Rinko sings primarily in Japanese, but in a melodic rock style, in contrast to the more popular idol singing style in Japan. Her lyrics are often romantic, but sometimes venture into sci-fi, inspired by movies such as Blade Runner and Fahrenheit 451.

Since their beginning, the band has had a high percentage of foreigners amongst their fans. As a result, the Molice has received TV and radio coverage in a diverse range of countries such as Vietnam, the USA, France, the UK, Australia, Japan, and Portugal. The Molice’s second album “Catalystrock” also caught the attention of Good Charamel Records (owned by Robby Takac of the Goo Goo Dolls), who released the album in North America.

The Molice, now based in Buffalo, NY, are currently touring the US. Their eighth album ‘Gate’ is set for release on October 12th.

2007 The Molice debut.
2007 Performed at Summer Sonic Music Festival (Chiba, Japan).
2008 “Doctor Ray” (1st album) release.
2008 Music video appeared on Space Shower TV (Japan).
2008 Music video appeared on NOLIFE TV (France).
2009 UK mini tour.
2010 “Catalystrock” (2nd album) release.
2010 Appeared on Fox Japan’s “Backstage Pass” (Japan).
2010 Performed at C.A.M.A. festival (Hanoi, Vietnam).
2010 Performed at Anime Weekend Atlanta (Georgia, USA).
2010 The Molice sign with Robby Takac’s Good Charamel Records.
2011 Performed at Go! Go! Japan! Festival (Hanoi, Vietnam).
2011 Appeared in Yan TV (Vietnam).
2012 “Neugravity” (3rd album) release.
2014 “Resonance Love” (4th album) release with crowd funding support.
2015 Good Charamel Records released an exclusive version of Resonance Love called ‘Resonance Love +’ with 2 extra remixes
2015 Current drummer Hirofumi “Paro” Katsumoto joins The Molice.
2016 “5” (5th album) release.
2017 “Signs” (6th album) release and Northeast tour.
2017 “Live at Silo City” (7th album/ 1st live album) release
2018 “Gate” (8th album) release US tour.

THE MOLICE keep their activity with the overwhelming performance and the sounds like Alternative / Post-hardcore/ Dance-core.


“Molice aims for being something out of the film Blade Runner, with a new wave, rock’n’roll sound.”
– Time Out

“Taking in the angular riffs of the Pixies, the dancefloor grooves of CSS, the odd Johnny Marr guitar flourish, dry female vocals and little pinches of shoegaze, rockabilly and soul, Molice’s sound is at once complex yet spare. Their new album, Catalystrock, is darkly thrilling.” – Metropolis

“Influences range from The Doors, Pixies and The Police to 1950s rock’n’roll, with the diverse elements fusing nicely together to form their distinctive solid sound.” – The Japan Times

“A fresh, fierce, fun sound.” – Neo

“With lyrics and music created by frontlady Rinko, MOLICE has created a unique sound that is quickly gaining them popularity.” – JaME

  東京から世界へ。様々なアイデアを発信中の音楽グループ  THE MOLICE。 2007年結成。結成半年で国内最大級の音楽フェスティバル「サマーソニック07」に出演。
THE MOLICEのサウンドは、「VERY Original」という言葉とともに結成当初から国内外の注目を集める。 結成から2年でロンドンツアーを敢行。その後もアメリカ・アトランタのアニメフェスティバルやベトナムでの音楽フェスに出演する。フランス地上波TV局や東南アジアではMVが繰り返しオンエアされた。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの世界各地のラジオ局で楽曲がオンエアされ、世界に多くのファンを獲得する。
2009年、自主制作により1stアルバム『Doctor Ray』をリリース。アルバムは、アメリカやヨーロッパの音楽サイトでも多く取り上げられ話題となった。このアルバムは、ロビー・テイキャック氏(Goo Goo Dolls)の耳に留まる。バンドは彼が主催するレーベルGOOD CHARAMEL RECORDSと契約を交わし、全米デビューを果たす。
2010年には2ndアルバム『Catarystrock』、2012年には3rd『NEUGRAVITY』をリリース。その独自のサウンド、SF的な世界観はその映像でも表現され、海外からも高く評価された。
2013年には、日本のインディーズバンドに先駆けてクラウドファンディングによるアルバム制作にチャレンジ。世界に向けてアルバム制作資金を募り、その結果日本を含めた10カ国を超える世界中のファンからのサポートを得て、4thアルバム『Resonace Love』を制作し、リリースした。
2015年、ドラムのParoが加入し念願のアメリカレコーディングのための渡米を果たす。N.Y州バッファローにて、ロビー・テイキャック氏プロデュースによりレコーディングを行う。この年、毎年アメリカ・バッファローで開催されているロビー氏主催の音楽とアートのフェスティバル「Music is Art 」に初めて出演し、今日まで毎年出演を続けている。
2016年、5thアルバム『FIVE』をリリース。メンバー交代後、かつ初のアメリカ録音の作品となった本作は、新たなエネルギーに満ちた意欲作で、音楽サイトでも多数取り上げられた。この年の秋に再び渡米し、次作のレコーディングとMV撮影を行う。
2017年2月に、日本で関西ツアーを行う。9月に6thアルバム『SIGNS』をリリースするとともに渡米し、NYCを中心に初のアメリカツアーを敢行、各地で大きな反響を得た。12月にはボーナストラックを含んだ日本盤『SIGNS』をリリースした。
2018年4月から、活動拠点をアメリカに移すべく渡米。各地でライブを行うとともにフェスティバルにも多数出演、大きな話題となる。アメリカでのホームタウンとなったバッファローを拠点に、音楽活動を活発に行う。バンドの全てのデザインとアートワークを手がけてきたRinkoのアートワークを中心としたアートショーも開催するなど、新しい試みも行なっている。そうした活動が地元紙などに多数取り上げられる。夏にはアルバムリリースのために、クラウドファンディングサイト「Kickstater」で資金を募り、目標金額を大きく上回るサポートを受け、プロジェクトを成功させる。精力的にツアーも続けている。7thアルバム『GATE』は10月12日に全世界に向けてリリースされる。

迫力あるパフォーマンスと、パンク/オルタナティヴ/ポストハードコア的なサウンドを武器に、世界を舞台に精力的な活動を続けている。